伝統芸能 その他もろもろ

伝統芸能の公演やお稽古に関すること。舞台の感想など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「鷹の井戸」能とバレエ、コンテンポラリーダンスの融合

国立能楽堂にて「至高の華 鷹の井戸」という舞台をみてきました。
原作はアイルランドのノーベル賞詩人イエーツの戯曲で、日本では「鷹の泉」という題名で新作能として演じられてきました。

今回は、村上湛さんが脚本をおこして、梅若玄祥さんが演出を担当したそうです。

配役は

老人 梅若玄祥
若者 森山開次
妖精 ヤンヤン・タン

という豪華な顔ぶれ。
また、能の地謡と囃子がでます。

この催しは「能」、「バレエ」、「コンテンポラリーダンス」をひとつの舞台につめ込んでしまったわけですが、結果は大成功といえるものでした。

こうした前衛的な演出には、能の地謡と囃子が非常にマッチします。
能という舞台芸術の前衛的な要素がいかんなく発揮されていて、むしろ普段の能よりもしっくりとするぐらい。
梅若玄祥さんの謡と所作も、他の二人の立ち役の動きに対写されることで、そのどっしりとした確かな技術(能の技法)が際立っていました。存在感抜群です。

ヤンヤン・タンの美しさといったら、言葉もないです。
こんなに間近に、このようなすばらしいものを見ることができるとは!!
バレエの催しより絶対お得!!(下世話ですみません)
その無駄のない、流麗かつ鋭い身のこなし。
着物を羽織った姿の美しさ。
ぜひもう一度見てみたい。。

森山開次さんは血気盛んで一本気な若者の姿を忠実に表現していたと思います。
鍛え抜かれた後姿が凛々しい!


大変すばらしい舞台でした。
唯一残念だったのは、客席が8割程度の入りだったこと。
昼夜2公演のせいもあったとはおもいますが、もっともっとたくさんの人に見てほしい、そんな舞台でした。
スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/06/29(火) 11:12:10|
  2. 舞台芸術全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<能楽 シテ方観世流 青木一郎氏の謡と仕舞 | ホーム | ボストン美術館展>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://japanesestylebiz.blog130.fc2.com/tb.php/15-765b3134
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

JapaneseStyleBiz

Author:JapaneseStyleBiz
こんにちは!
http://Japanese-Style.bizを運営しております、JSです。
ここでは伝統芸能の舞台と、それにまつわるあれこれを書いていきたいと思っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
現代演劇 (1)
ご挨拶 (1)
舞台芸術全般 (2)
歌舞伎 (1)
能 (8)
日本舞踊 (1)
狂言 (2)
オペラ (1)
茶道・華道 (0)
展覧会 (1)

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。