伝統芸能 その他もろもろ

伝統芸能の公演やお稽古に関すること。舞台の感想など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

千五郎狂言会 at 国立能楽堂

第9回 千五郎狂言会にいってきました。

全席指定ということで、みなさんゆっくりとした雰囲気。
それでも開演前には、ほぼ満席になりました。
一時期のようなチケット争奪戦は影を潜めた感じですが、東京に茂山狂言がしっかりと根付いた感があります。

「業平餅」  (在原業平) 茂山千五郎  (茶屋) 茂山千作  (娘) 茂山逸平
 
在原業平といえば、「伊勢物語」の主人公に擬せられた和歌の名人で、さまざまな女性と浮名を流した色男。
千五郎さん演じる業平は、ずいぶんと砕けた「庶民派業平」です。
スケベ親父の一歩手前といった感じ。

千作さん、さすがに足元が危なっかしい感じはありますけど、芸は変わらず達者でいらっしゃいます。
声も張りがあって、よく通ります。
二人のかわいらしいお稚児さんも登場して、ほのぼのとした舞台になりました。

茂山家の狂言は、見るものに「笑ってもいいよ」と語りかけてくれるような雰囲気があります。
これが「わらわせてやろう」となってしまうと、見所は逆に引いてしまいます。
この微妙なところが狂言の難しいところではないでしょうか。



「察化」   (太郎冠者) 茂山七五三  (主) 茂山逸平  (察化) 茂山千三郎

このての太郎冠者をやらせると「七五三さん無敵か?」と思ってしまいます。

「金藤左衛門」  (金藤左衛門) 茂山千五郎  (主人) 茂山茂

いつの時代も女性は強い!

スポンサーサイト

テーマ:能楽 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/06/18(金) 11:11:55|
  2. 狂言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ボストン美術館展 | ホーム | 『半蔀』、『山姥』 梅若研能会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://japanesestylebiz.blog130.fc2.com/tb.php/13-7b5d5d48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

JapaneseStyleBiz

Author:JapaneseStyleBiz
こんにちは!
http://Japanese-Style.bizを運営しております、JSです。
ここでは伝統芸能の舞台と、それにまつわるあれこれを書いていきたいと思っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
現代演劇 (1)
ご挨拶 (1)
舞台芸術全般 (2)
歌舞伎 (1)
能 (8)
日本舞踊 (1)
狂言 (2)
オペラ (1)
茶道・華道 (0)
展覧会 (1)

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。